予防・メインテナンス 土屋歯科クリニック&worksが選ばれる理由

歯科用CTシステム

歯科用CTスキャンである
ドイツ sirona(シロナ社)製のガリレオスが院内常設

歯科用CTスキャンである ドイツ sirona(シロナ社)製のガリレオスが院内常設

ドイツ、シロナ社ガリレオスのCT画像診断装置で、通常歯科医に普及しているレントゲンでは、歯の様子を一方向からしか撮影できませんが、ガリレオスのCT画像診断装置では断層写真をコンピュータ処理で3D画像化することが出来るので一度の撮影で口の中全体の様子を様々な角度や細部を診断することができます。
ほぼ顎の全体を1枚の画像で3次元で撮影する歯科用CTで、従来の2次元レントゲン写真では判断がつきづらい症例でも、3次元(3D画像)で360度どの角度からでも口腔内の歯、骨格、神経など治療に必要な情報を確認することが可能です。
また、ガリレオスの被ばく量は世界最少クラスなので、患者様にも優しく、スピーディーな診断が可能な装置です。

充実した設備でより安全な治療を目指します

充実した設備でより安全な治療を目指します

土屋歯科クリニック&works 千代田区麹町予防・メインテナンスでは、インプラント治療を行う際、通常のレントゲンよりも詳細な情報を取得し治療に役立てるためにレントゲン撮影ではドイツ・シロナ社製『ガリレオス』を使用しております。
この『ガリレオス』は1回のスキャンで3次元・360度どの角度からでも口腔内の歯、骨格、神経など歯科治療に必要な情報を直感的に確認することを可能にしていますので、インプラント治療時などに必要な患者様の歯の状態を詳細まで把握することが出来ます。
また、従来のCTはデータ解析に時間を要し、診断できるまで2週間後くらいかかりましたが、ガリレオスは撮影してから3分後にはお口の状態を確認することが出来ます。
さらに、被ばく線量は胸部レントゲン撮影時の約1/5で患者様に少しでも負担がかからないよう治療を行うための優れた機能です。
歯科用CTで迅速かつ患者様により負担をかけずにインプラント診断や治療を行うことが出来ます。

最小限の被爆線量

ドイツシーメンス社の流れをくむシロナ社のガリレオスは、患者様への負担が少ないばかりか、効率的なX線照射により撮影時間14秒と短く、また患者様への放射線照射は2~6秒と、被曝線量を最小限にとどめる設計がなされていて、より安全な情報が得られます。

撮影回数も最小限に抑えられます

従来のCTのように1部分だけでなく大きく撮影できるので、顎関節や親知らず、上あごの炎症、膿やインプラント治療に必要な情報まで1回のスキャンで全て撮影でき、何度も撮影せずに広範囲の情報が得られます。

インプラント治療の正確なシュミレーション

インプラント治療をより安全に行うためにすべての患者様にCTデータから得られた画像診断を行います。
インプラント治療に必要なあごの神経や血管の位置、骨の残存量等を事前に把握することが必要です。
CTデータからそれらの情報を得たのち、患者様に合ったインプラント治療を選択することで患者様に負担をかけず、治療を受けて頂くことが可能となります。

CTコーンビーム技術

お問い合わせ

予防歯科治療について

  • 予防って何?
  • むし歯・歯周病の進行の仕方
  • むし歯はどうやって治すの?
  • 歯周病ははどうやって治すの?
  • むし歯予防はどうすればいいの?
  • 歯周病予防はどうすればいいの?
  • 歯磨きの仕方教えて!
  • 大切な被せ物のメインテナンス
  • どうして歯科医院でケアしないといけないの?
  • 土屋歯科クリニック &worksの予防はここが違う!
  • 土屋歯科クリニック &worksの予防メニュー

審美歯科治療土屋歯科クリニック&worksが選らばられる理由

  • 歯科用CTシステム
  • 歯科用マイクロスコープ
  • 予防専用の設備 専用のケアルーム完備
  • 初診-治療-メインテナンス
  • 数々の実績・経験 土屋賢司
  • 歯科衛生士による治療後のメインテナンス
ページトップに戻る